むくみの正体

飛行機などで長時間座ったままでいると足がだるく、重くなって靴がきつくなることがあります。立ち仕事や座ったままの仕事をするひとによっては日常的な悩みです。むくみをおこすメカニズムを探してみよう。

☛むくみを測ると

長時間立ったり、座ったままでいると、足がだるく。重くなってきます。人によっては、朝はぴったりあっていた靴が、きつく感じることもあるでしょう。それがむくみです。ひどい場合は、すねの部分を指でギュツと押すと。皮膚に指の跡が残ることもあります。立ち仕事をする女性の足を仕事の前と後とで測定した結果、体積は25cm³、足首の太さは3.8mm、ふくらはぎの太さは8.3mmも増えていました。むくみはだるいだけではなく、見た目にも悪いことになります。

☛なぜむくみ?

心臓から送り出した新しい血液は動脈によって、からだの隅々まで行き渡し、さらに毛細血管からしみです水分を通して、細胞に酸素や栄養を届けています。用の済んだ水分は血液中に回収され、静脈を通って、再び心臓のい戻され、リフレッシュする仕組みです。ところが、足は心臓のはるか下にあるため、静脈は重力に逆らって水分を吸い上げなければならない。静脈が水分を吸い上げるのを、ポンプのように助けているのが、実は足の筋肉の動きです。長時間立っていたり、座ったままでいると、足の筋肉がポンプも役割を果たせず、静脈の血行が悪くなってしまいます。その結果、足に水分がたまった状態がむくみなのです。また、きつい靴や下着も足を締め付けることで血行を悪くします。水分や塩分のとり過ぎも、むくみの原因となることがあるので要注意してください。

むくみやすい人チェック
1.長時間立ち仕事、座り仕事をする
2.塩辛い味付けが好き
3.水分をとり過ぎている
4.締め付ける下着を愛用している
5.きつい靴、かかとの高い靴をはく

むくみチェック
病気のおそれのあるむくみんの見分け方
①むくみが何日も続いている
②急に体重が増えた
③まぶたがむくみ
④尿の出が悪い
✳心臓病、肝臓病、腎臓病、静脈瘤のサインである可能性があるので、すぐに医師の診断を受けること。

 

© 2017 浮腫治療薬で浮腫を解消できるの?. WP Castle Theme by Just Free Themes