浮腫治療薬の基礎情報について

浮腫とは、顔や手足などの末端が体内の水分により痛みを伴わない形で腫れる症候です。体液量のバランスが崩れ、細胞外液(間質液)が過剰に増加した状態を指します。浮腫の種類はたくさんあります。主に局所性浮腫、全身性浮腫と分けています。浮腫の原因、浮腫治療薬は何でしょうか?ほんブログでは浮腫の原因、浮腫の治療方法、浮腫治療薬などの情報についてご紹介します。

浮腫

浮腫の原因
(1)長時間の起立状態
長い時間立っていると、重力により血液は足に溜まってしまいます。すると、静脈は圧が高くなってしまい、戻ってくる水分を受け入れることが難しくなってしまうのです。立ち仕事をしている方の足がむくみやすいのは、このような浮腫の原因があるからです。

(2)筋力の低下
運動不足によってふくらはぎの筋力が衰えると、ポンプ機能が低下して余分な水分を心臓へ送り戻すことができません。

(3)血管障害
その他にも、血管障害などの浮腫の原因可能性もあります。老廃物が蓄積し、臨海点を超えると血管が詰まってしまい、動脈硬化を引き起こします。これを『閉塞性動脈硬化症』と言い、血流不足を招きます。

浮腫の治療
(1)マッサージ
ふくらはぎに溜まった余分な水分をスムーズに流すために、ふくらはぎのマッサージは高い効果が期待できます。入浴後の血流が良くなっているタイミングに行うのがオススメです。

(2)弾性スリーブを着用
弾性スリーブ・ストッキング(弾性着衣)着用の際、腕や脚の付け根などで食い込まないことが大変重要です。「弾性スリーブ・ストッキングが合わない」のではなく「着用の仕方がうまくいっていない」ケースが大変多くみられます。

(3)浮腫治療薬による薬物療法
浮腫治療薬は浮腫の治療には主に利尿薬が使われます。利尿薬とは 血液中の過剰な塩分を尿として体の外に出し、浮腫を取ったり、血圧が高い場合は血圧を下げる薬です。これらの薬は、主に朝から昼にかけて服用します。夕方以降に服用すると夜間トイレに行く回数が増え眠れなくなるためです。

サイアザイド系利尿剤の浮腫治療薬
利尿効果がマイルドで服用してもすぐに尿がパーッと出るわけでないのですが、知らず知らずのうちに尿量が増え、いつの間にかむくみが取れていたりします。ループ利尿剤浮腫治療薬同様、ナトリウムやカリウムが不足しがちで、尿酸値が上がる事もあります。高血圧治療薬でもあり、血圧が下がる場合もあるので目眩がする時などは要注意です。

心を込めて、紹介していただきます

バイアグラは世界の中で、第一のED治療薬です。販売が開始され、現在に至るまで、EDに悩む多くの男性の心を支えています。もっと了解したいなら、バイアグラの体験情報を利用してください!

© 2017 浮腫治療薬で浮腫を解消できるの?. WP Castle Theme by Just Free Themes